Scroll

INFO.

WORKS

垣間 Kaima Series

  • 垣間 No.01

    No.01

  • 垣間 No.02

    No.02

  • 垣間 No.03

    No.03

  • 垣間 No.04

    No.04

  • 垣間 No.05

    No.05

  • 垣間 No.06

    No.06

  • 垣間 No.07

    No.07

結い Yuwai Series

  • 結い No.01

    No.01

  • 結い No.04

    No.04

仰ぐ Aogu Series

  • 仰ぐ No.07

    No.07

  • 仰ぐ No.08

    No.08

しらべ Shirabe Series

  • しらべ No.02

    No.02

  • しらべ No.04

    No.04

michi

ひよどり -雪中に鳴く- hiyodori -crowd in the snow-

垣間No.01

2004年 / F120号(1940×1303mm)/ パネル,綿布,白亜地,金箔,アクリル絵具,油絵具,テンペラ絵具 / アザレ新潟本舗 収蔵

垣間No.02

2012年 / M15号(652×455mm)/ パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具

垣間No.03

2012年 / M15号(652×455mm)/ パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具

垣間No.04

2012年 / M15号(652×455mm)/ パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具

垣間No.05

2016年 / 1200×500mm / パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具 / プラウド南山 収蔵

垣間No.06

2016年 / M8号(455×273mm)/ パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具

垣間No.07

2016年 / M8号(455×273mm)/ パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具

結いNo.01

2007年 / S80号(1455×1455mm)/ 屏風,油絵具 / 香雲閣 収蔵

結いNo.04

2011年 / 最大幅2746×5351mm / パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具 / アザレ新潟本舗 収蔵

仰ぐNo.01

2013年 / S30号(915×915mm)/ 合板,麻布,石膏地,プラチナ箔,アクリル絵具,油絵具

仰ぐNo.07

2015年 / 1300×650mm / 木製パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具

仰ぐNo.08

2015年 / 1300×650mm / 木製パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具

しらべNo.02

2013年 / S10(530×530mm)/ パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具

しらべNo.04

2016年 / 650×400mm / パネル,麻布,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具 / プラウド南山 収蔵

2007年 / S150号(2270×2270mm)/ パネル,石膏地,金箔,アクリル絵具,油絵具 / 東京都台東区 収蔵

ひよどり−雪中に鳴く−

2003年 / F120号(1940×1303mm) / キャンパス,油性地,油絵具

STATEMENT

古来より人は、絵の具の層に事物における光を込め、神性を黄金の光に託してきました。

神の見えない特質、すなわち、そのとこしえの力と神性とは、造られた物を通して認められるので、世界の創造以来明らかに見えるからであり、それゆえに彼らは言い訳ができません(ローマ 1:20)この聖書の言葉に則し、創造物を通して神を知り、神性を通して人の在り方を知る、神と人との関係を表現しています。

光によって神との関係性を確認しようとする試みの歴史は、数多くの美術作品を生み出してきました。しかしその歴史は、残念な事に神の目から見て正しい歩みとは言えませんでした。様々な思惑によって崇拝の形が歪められ、出エジプト記 20章4,5節で神が明確に禁止している偶像崇拝に、それらの作品が用いられてきたからです。それでも、その中にある要素をふるいにかけるなら、残るのは神を求めるという人間の本質ではないでしょうか。この純粋な要素を抜き出し、新たな作品に作り替える事によって、絵画を本来の位置に戻し、神に思いを向ける事を目的として制作しています。

Since the ancient time, people have painted the light in the form of layers of paint, and have represented the divinity in golden light.

his [God’s] invisible qualities are clearly seen from the world’s creation onward, because they are perceived by the things made, even his eternal power and Godship, so that they are inexcusable. (Romans 1:20)In accordance with this sentence in the Bible, using paint and gold leaves complementary, I try to represent our divine connection in which humans know the God through his creations and know how to behave through the divinity.

In a long history, people have produced a variety of artworks which includes light in them, in attempt to affirm the relationship with the God. But unfortunately, some of such artworks are inappropriate in God’s eyes. In many cases, the form of worship was distorted for some reasons and these artworks have been used for iconolatry which is clearly forbidden by the God in the Exodus 20:4-5. However, when you closely observe the reasons for those behaviors, we can find the nature of humans that we simply seek for the God. So, my paintings represent this pure nature of humans in the new, alternative forms. These works are aimed to help the painting repossess the original divine purpose. 

Japanese-English translation : Motoki IWASAKI

PROFILE

画家 岡地 習子

経歴

1982

新潟県出身

2007

東京藝術大学 美術学部絵画科油画専攻 卒業

新潟県妙高市の赤倉芸術文化交流センターにて制作活動(6〜11月)

2019

新潟県長岡市のアトリエにて制作活動中

展示歴

2007
第55回 東京藝術大学卒業作品展

2007.02.21–2007.02.26

東京都美術館, 上野, 東京

2011
台東区コレクション展

2011.08.02–2011.08.21

東京藝術大学 大学美術館, 上野, 東京

2012
+PLUS : THE ART FAIR 003

2012.11.02–2012.11.04

スパイラルホール, 南青山, 東京

2013
空想美術大賞展

2013.10.01–2013.10.10

伊藤忠青山アートスクエア, 青山, 東京

+PLUS : THE ART FAIR 004

2013.11.01–2013.11.04

スパイラルホール, 南青山, 東京

2014
ART CITY BOLOGNA 2014

2014.01.23–2014.01.27

ボローニャ, イタリア

グループ展「パンドラを覗くアートシェルフの出会い展Ⅱ」

2014.03.01–2014.03.14

蔵丘洞画廊, 烏丸御池, 京都

2015
グループ展「Brilliant Corners」

2015.09.18–2015.10.04

東京アーツギャラリー, 渋谷, 東京

2016
台東区コレクション展

2016.09.17–2016.10.16

東京藝術大学 大学美術館, 上野, 東京

2017
個展「外縁 -gaien-」

2017.10.18–2017.10.29

東京アーツギャラリー, 渋谷, 東京

2018
ART FORMOSA 2018

2018.07.13–2018.07.15

誠品行旅, 台北, 台湾

受賞歴

2005
安宅賞

東京藝術大学

2007
台東区長賞

第55回 東京藝術大学卒業作品展

2013
シルバー賞

空想美術大賞展

主な収蔵先

東京都台東区

アザレ新潟本舗(新潟県長岡市)

香雲閣(新潟県妙高市)

Artist Shuko OKAJI

Career

1982

Born in Niigata Prefecture, Japan

2007

B.F.A.,in Oil Painting of Tokyo University of the Arts

Production Activity at Akakura Art and Culture Exchange Center (6–11), Myoko, Niigata

2019

Production Activity at Nagaoka, Niigata

Selected Exhibition

2007
Tokyo University of the Arts : 55th Graduation Works Exhibition

2007.02.21–2007.02.26

Tokyo Metropolitan Art Museum, Ueno, Tokyo

2011
Taito-ku Collection Exhibition

2011.08.02–2011.08.21

The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Ueno, Tokyo

2012
+PLUS : THE ART FAIR 003

2012.11.02–2012.11.04

Spiral Hall, Minami-Aoyama, Tokyo

2013
Fantasy Art Grand Prize Exhibition

2013.10.01–2013.10.10

Itochu Aoyama Artsquare, Aoyama, Tokyo

+PLUS : THE ART FAIR 004

2013.11.01–2013.11.04

Spiral Hall, Minami-Aoyama, Tokyo

2014
ART CITY BOLOGNA 2014

2014.01.23–2014.01.27

bologna, Italy

"Encounter of Art Shelf Looking through the Pandora Ⅱ"

2014.03.01–2014.03.14

Zokyudo Gallery, Karasumaoike, Kyoto

2015
"Brilliant Corners"

2015.09.18–2015.10.04

Tokyoarts Gallery, Shibuya, Tokyo

2016
Taito-ku Collection Exhibition

2016.09.17–2016.10.16

The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Ueno, Tokyo

2017
"The Fringes -gaien-"

2017.10.18–2017.10.29

Tokyoarts Gallery, Shibuya, Tokyo

2018
ART FORMOSA 2018

2018.07.13–2018.07.15

eslite hotels, Taipei, Taiwan

Selected Awards

2005

Ataka Award

Tokyo University of the Arts

2007

Taito Ward Mayor Award

Tokyo University of the Arts : 55th Graduation Works Exhibition

2013

Silver Award

Fantasy Art Grand Prize Exhibition

Selected Collections

Taito-ku, Tokyo

Niigata Azare, Nagaoka, Niigata

Kounkaku, Myoko, Niigata

CONTACT

E-mail

*_at_を@に置き換えてお送り下さい *Please replace _at_ with @.